ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

Coincheckでんきでビットコインが貯まる?料金やプランの評判まとめ

昨年より開始されているコインチェックでんきをご存知でしょうか。

現在コインチェックは生活のインフラとビットコインを繋げていこうとしており、各所から注目が集まっています。

コインチェックでんきとは?

コインチェックでんきとは、今支払っている電気代の一部がビットコインで還元されたり、支払いをビットコインで行うことで電気代が安くなるというものです。

現在提供しているプランは

・ビットコイン付与プラン

・ビットコイン決済プラン

という2種類となるので、まずはこれらについて説明していいたいと思います。

ビットコイン付与プラン

先ほども簡単に説明した通り、電気代の支払いの一部がビットコインで還元されるというプランです。

電気の支払い方法等は今までと変わらず、指定の振込口座に振り込むか自動で引き落とされる形です。

電気料金の支払い・ビットコイン付与は原則として利用月の翌月末となります。

その支払いの1%~7%(地域や契約によって異なる)がコインチェックのアカウントに還元されるということになります。

ビットコイン決済プラン

こちらは電気代をビットコインで支払うことで、料金が安くなるというプランです。

支払期日の正午のレートに従って、自身のコインチェックのアカウントから自動で引き落とされるというものとなります。

万が一、支払いに十分なビットコインが保有されていなければ、申し込みの際に登録するクレジットカードから引き落としされることとなります。

その際は決済プランから付与プランへと移行する形となり、クレジット決済の金額から計算されたビットコインが付与されるようになるので安心してください。

これまでただ単に電気代を支払うだけであったものが、資産として残るか割引きされるというのはすごく嬉しいという声も聞こえてきます。

ビットコインの付与率・電気代の割引率

先ほど紹介した2つのプランの付与率と割引率について見ていきたいと思います。

こちらは地域や各自の契約内容によって異なるのでご確認ください。

このコインチェックでんきについては、沖縄電力、北陸電力、四国電力の3つの圏内ではまだ対応していません。

サービスを開始した当初は首都圏のみ対象となっていたのが、約1年でここまで展開できているので、対応していない地域にも順次対応していくものと思います。

ちなみにコインチェックでんきのサポートを行っているENS(インターネットワークシステムズ)に電話をしてみたのですが、これらのサービスはオール電化の家庭でも、一部ガスを使用している家庭でも問題なく利用できるサービスとのことでした。

品質は大丈夫?

このように魅力的なサービスとなると「なにかサービスに問題があるのでは?」と考える人が出てくるかもしれません。

そこで一番のポイントである品質について調査しました。

提携している電力会社について

コインチェックが発表している提携先は三ッ輪産業株式会社と丸紅新電力

これら2つの会社について見ていきたいと思います。

三ッ輪産業株式会社

社名 三ッ輪産業株式会社
代表者 尾日向 竹信
所在地 〒108-0014 東京都港区芝5-1-13 三ッ輪三田ビル
資本金 3億円
従業員数 600人(グループ全体)

三ッ輪産業株式会社は昭和15年創業と、かなりの運営実績がある企業です。

生活エネルギーから住環境まで暮らしのトータルプランナーとして、幅広く運営を行っているとのことです。

もちろん長年の実績と、幅人い展開による運営ノウハウは信頼のできるものとして評価することができます。

丸紅新電力

社名 丸紅新電力株式会社
代表者 西山 大輔
所在地 〒103-6060 東京都中央区日本橋二丁目7番1号
資本金 1億円(丸紅株式会社 100%出資)
従業員数 72名(2017年3月1日現在)

丸紅新電力の親会社である丸紅株式会社は、世界中に拠点を持つ一大企業です。

総合商社の中でも、実績も国内トップクラスとなっており非常に安心感があると言えます。

様々なノウハウを持ち合わせており、サービスにの質に関しても問題がないと言えるでしょう。

送電に関して、万が一発電所が停止した場合も既存の送電線を保有しているため、電力供給に関して影響が出ることはありません。

申し込み方法は簡単

プランや品質について見てきたので、最後に申し込み方法について紹介したいと思います。

こちらは非常に簡単です。

STEP.1

まずはコインチェックに申し込み。こちらは引き落としやビットコインの付与等に使いますので必ず必要となります。

STEP.2

Coincheckでんきへの申込みです。申し込みフォームより、名前、住所、電話番号、供給地点特定番号、現在契約している電力会社名、現在のお客様番号(契約番号等)を入力してください。

こちらで基本的な申し込み作業は終了です。

STEP.3

現在使っているメーターの交換をすることがあります。こちらは申し込み次第、無料で交換してもらえるので急な出費があるという心配はありません。

STEP.4

供給開始。申し込みから約1か月前後経過した後の検診日から供給がスタートします。もちろん電力の供給元が違うというだけで、これまでの生活と何ら変わりはないので安心して下さい。

STEP.5

料金請求とビットコイン付与、決済が開始されます。こちらはすべて自動で行われます。原則として支払いや付与に関しては利用月の翌月末となっています。付与日が営業日以外の場合は次の営業日の12:00に付与されることとなっています。

以上がコインチェックでんきへの申し込み方法です。

簡単に申し込みができて、お得に生活ができるとなれば試してみたい気持ちも沸いてきますね。

普段の生活の中にも仮想通貨がこのように絡んでくると、また市場の盛り上がりも活性化されてくるのではないでしょうか。

コインチェック自体も生活インフラに関わる企業との提携を募集している途中なので、これから先また新たなサービスを展開してくるかもしれませんね。

是非興味のある方は、コインチェックでんきを始め、このようなサービスに目を向けてみてはいかがでしょうか。

※事実と異なる部分などがありましたら、すぐに修正いたしますので、ご報告ください。

フォローする