ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

【登録・入出金・トレード】BitMEX(ビットメックス)の使い方

ショート体制をとれるようにしていますか?

2018年出だしから暴落相場

何も出来ずに大きな損失を出した人が多いでしょう。

ですがあの相場でもしっかりと稼げている人もいます。

それがショートを行っていた人

更にBitMEXではショート体制に加え、最大100倍のレバレッジもかけれるためどのような相場でも一獲千金を狙うことが可能です。

今回はBitMEXの登録、入金出金方法、トレード方法について解説していきます。

BitMEXの登録方法

登録はアドレス、パスワード、氏名を入力するだけです。

・アドレス
・パスワード
・在住国
・名前

・つまみを右に

以上の操作で登録を行います。

全ての作業が完了し、チェックボックスにチェックを入れ「登録」のボタンを押します。

その後、このようなメールが来るので中にあるリンクをクリックしてください。

これで確認が取れたこととなり、登録は完了です。

ログイン画面が出てくるので、登録したメールアドレスとパスワードを入れてログインを行います。

登録完了後は必ず安全性を高めるため、2段階認証の設定を行いましょう。

2段階認証の設定

上部にある「アカウント」をクリックしてください。

左側メニューのマイアカウントより2段階認証は設定できます。

タイプが2種類ありますが、今回はワルコインがいつも使っているAuthenticatorでの方法を解説します。

Authenticatorを選択すると画像のようにQRコードが出てきます。

このQRコードを先ほどのアプリでスキャンするとアプリ内で認証コードが発行されます。

Authenticatorを開き、上部にある「+」ボタンを押すことで、バーコードスキャンか手動入力の項目が出てきます。

バーコードスキャンの方がより正確で簡単に設定できるので、こちらでの設定を行ってください。

認証コードを入力し「Submit」を押すことで2段階認証の設定は終わりです。

BitMEXの入出金方法について

では次に入出金方法について説明していきたいと思います。

まずは先ほどと同じように上部にあるアカウントをクリックしてください。

するとこのように入金と出金が並んだ画面が出てきます。

入金出金に関しては少々ルールが違う部分があるので個別に説明します。

BitMEX入金方法

先ほどの画面から入金ボタンを押すことで、このようにビットコインアドレスが表示されます。

送金元のアドレス入力欄にこのアドレスを入力して送信することで入金ができます。

ここからは入金のルールについてです。ルールとは言っても入金に関しては複雑ではないので簡単に説明します。

まず見てもわかるように入金はビットコイン(BitMEXではXBT表記)のみです。

前もって他の取引所で準備をしておくといいでしょう。

※BTC以外の通貨をこのアドレスに送っても着金しないので注意してください。

そして入金の制限はありません。1日に何回でも好きな分だけ入金することができます。

以上が入金に関するルールです。まあルールというよりも簡単な規定ですね。

次に出金方法について説明します。

BitMEX出金方法

出金に関しては

・送付先アドレス
・送付量

・2段階認証コード

この3点を入力します。

入力が完了し、アドレス等に間違いがなければ「送信する」のボタンを押してください。

送信ボタンを押した後に、このようなメールが届くので中にあるリンクをクリックすれば出金の申請は完了です。

※リンクの有効期限は30分なので早めに済ませておきましょう。

そしてここからは送金に関するルールです。

まず送金できる通貨ですが、これは入金と同じでBTC(XBT)のみです。

そして送金回数が他の取引所と異なり少し特殊です。

送金の申請は何度もしても、いくら送金しようとも大丈夫なのですが、BitMEXの運営元は手動で送金を行っているため、処理は1日に1回だけまとめて行われるようになっています。

ワルコインが試したときは、夜の10時ごろに送金処理が行われていました。

以上が送金の際のルール(規定)です。

BitMEXの取引方法

取引もシンプルに行えます。

画像左の注文フォームより

① 購入(売却)したい数量(USD)

② 注文を行う価格(USD)

※これは指値の場合

を指定して、買いを行うのか売りを行うのかの注文を出せばオーダーが入ります。

ショートできる取引所はかなり貴重です。

暴落相場でも利益を出せる方法を持っているかいないかでは、トレード戦略が大きく変わります。

まだショート体制が整っていない人は、BitMEXを利用するといいでしょう。

また通常の注文方法も豊富で

・指値
・成行
・ストップ指値
・ストップ成行
・トレイリングストップ
・利食い(指値)

・利食い(成行)

とかなりの種類となります。

ではそれぞれについて簡単に解説していきます。

指値注文

注文を行いたい金額を指定して、その額に到達すれば任意の注文が行われます。

成行注文

指値では注文したい金額をしていしますが、成行の場合は現在の価格で注文を遂行します。

ストップ指値・ストップ成行

こちらは損切りを行うときによく使われます。

まずは損切ラインを指定し、その価格に到達したらいくらで売るのかを指定します。

これがストップ指値です。

ストップ成行に関しては、指定した価格ラインに到達すると注文が実行されます。

※損切ラインよりも利益を求める価格を指定した場合、そのラインまで価格が戻らないと約定はされません

トレイリングストップ

トレイリングストップとは、まず数量とトレイル値を入力します。

このトレイル値を-200USDとします。

この場合10,000USDで買いを入れたとき、価格がそのまま下がり9,800USDとなった時に売りの注文が施行されます。

また価格が上昇し、一度11,000USDまで上昇したとしましょう。そこから-200USD。つまり10,800USDになった場合も売りの注文が行われます。

つまりはトレイル値において指定した価格の変動が起こった場合に約定が行われるといった注文方法です。

ポジションをとった瞬間の価格+トレイル値を上回れば、確実に利益が出る取引方法なので、使いこなせるようにしておくと勝率も上がります。

利食い指値・利食い成行

こちらは利確を行うために注文方法です。

指値の場合は、オーダーを発動させる価格(トリガ価格)と注文を約定させる価格を指定します。

例えば、10,000USDで購入し、11,000USDになった場合に約定させる場合は、このトリガ価格を11,000USDに指定します。

※この注文方法はトリガ価格に達した場合に約定させた方がいいので、利食い成行を利用するといいでしょう。

レバレッジに関して

レバレッジをかけた注文方法に関しては、画像で示してあるつまみを変更するだけで、任意の倍率に変更することができます。

クロスとなっている場合は、証拠金がMaxに指定されていることを意味していますので、100倍の取引を行う場合でなければ各倍率に合わせて行ったほうがいいかもしれません。

つまみを調整して任意の倍率を設定すると、その倍率に合わせた金額の取引が行えます。

設定した倍率によって手数料やロスカットの金額が変わるので、そちらはご自分で管理しやすいようにしておきましょう。

クロスマージンの場合はロスカットが起こりにくくなる分、貸付手数料が高くついてくる可能性があります。

また最悪ロスカットが起こった場合でもBitMEXでは追証がないので、追加で資金を取られることはありません。

追証があるところでは追加で数百万の請求が来たという報告もあるので、このような制度は非常にありがたいですね。

こちらは注文を行ったときの画面です。

この状態ではまだ約定はされていません。指値で指定した価格に達すると約定が行われます。

こちらが約定後のポジションを確認する画面です。

いくつか抑えていきたい項目について解説します。

① サイズ・・・自分が購入もしくは売却している量(USD)となります。

② 値・・・この場合は注文量をXBTで計算したものです。

③ 清算価格・・・ここに記載されている価格まで通貨の価値が達すると強制決済が行われます。

④ 証拠金・・・現在証拠金としている金額です。この金額はロックされますので、他の取引には使うことができません。

⑤ 未現実損益(ROE%)・・・この取引におけるおおよその収益が記してあります。

⑥ 現実損益・・・このポジションを取った以降の収益です。

⑦ ポジション決済・・・ポジションを閉じるときは、ここから行うことが出来ます。方法は指値と成行があります。

以上がBitMEXの取引方法に関しての説明となります。

まとめ

ビットメックスを利用する目的として、一番大きいことはショート体制が取れることだと思います。

下げ相場が続いたとしてもショートを入れておけば利益を出すことは可能です。

また最大で100倍のレバレッジをかけれることも魅力の一つ

少額からでも大きく利益を出しに行くことも可能です。

最悪ロスカットをされたとしても追証もないので、ある程度リスクを無くしながら一攫千金を狙うことができます。

右肩上がりの仮想通貨市場はもう終わりました。

これからの相場は買い一択では稼ぐことが難しくなってくると予想されます。

下落相場でも利益を出せるショート体制を確立しておくことで、どのような相場になってもしっかりと利益を出すことが出来るでしょう。

BitMEXは操作も簡単ですし、日本語にも対応しているので初めての方も扱いやすいと思います。

ショートは今後必ず武器になるので、体制を整えておくこともトレードを有利に進めていくうえで大切です。

フォローする