ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

【登録・入出金・取引】超初心者が利用するyobitの使い方

yobitと言えば、とにかく取り扱い銘柄が豊富なことで知られている取引所です。

中にはすでに運営元がいなくなった「Dead coin」もありますが、それ以上に金の卵が眠っている可能性は十分にあります。

今回はこのyobitの基本的な操作方法についてマスターしていきましょう。

yobitの登録方法

まずはyobitの公式サイトへアクセスします。

公式サイトへ行くとそのまま取引画面が表示されますが、登録は上部メニューの「Registration」より行うことが可能です。

・ログイン名
・メールアドレス
・パスワード

・確認用パスワード

を入力し、2つの項目にチェックを入れて「Register」を押すことで登録したメールアドレス宛にメールが届きます。

メールの中に確認用のリンクが記載してあるので、そちらをクリックし再度ログインを行うことで登録は完了です。

では次はセキュリティを高める2段階認証の設定方法について紹介します。

2段階認証の設定方法

2段階認証は、アカウント名が表示されているところにオンマウスすることで「Setting」のメニューが出てくるので、そちらから行います。

「Google Authenticator」というアプリを使用するので、そちらの準備を行っておいてください。

android:Google 認証システム

iOS:Google Authenticator

画面を移行するとこのようにQRコードとバックアップキーが用意されているので、コードを読み取り、キーはどこかに書き留めておきましょう。

コードを読み取った後は、アプリ内に6桁の数字が出てきますので、そちらを入力して「Enable」を押せば設定完了です。

yobitの入出金方法

それでは入出金方法について説明していきます。

まず入出金を行うためには上部メニューにある「wallets」を開いてください。

すると通貨の一覧が出てきます。入出金に関しては、通貨の右側に表示されている「Deposit」と「Withdraw」から行います。

まずは入金方法から説明します。

入金方法について

入金は「Deposit」より行います。

こちらのボタンを選択すると、画面にアドレスとQRコードが表示されるため、そちらの情報を送金元のフォーマットに入力して申請を出せば入金をすることができます。

出金(送金)方法について

出金(送金)に関しては「Withdraw」から行います。

送付先のアドレスと送る金額を入力することで、着金時時の金額計算もしてくれるので便利です。

各項目を入力したら、後は「Withdraw request」のボタンを押すことで出金(送金)の申請は完了です。

入出金に関しては、手順は簡単なものとなりますがアドレスの入力ミスなどは資金を失ってしまう可能性があるので十分に注意してください。

yobitの取引方法

それではいよいよトレード方法について紹介していきます。

まずは任意の通貨ペアの選択からです。

上部メニューにある「Market」をクリックすると、yobit内で取引のできる通貨ペア一覧が出てきます。

「6424 Active pairs」これはかなりのペア数ですね。

見て探すのはかなり大変だと思うので、素直に検索を使うことをおすすめします。

任意の通貨ペアが見つかれば、そこをクリックしてください。

このように取引画面へ移行します。

注文方法としてはyobitの場合「指値注文」のみとなります。

注文の仕方も非常にシンプルで分かりやすいです。

① 購入する数量
② 価格(購入時)

③ トータル金額(手数料別)

これらを入力し、「Buy」または「Sell」を押すことでオーダーが通ります。

全力で行きたい方は「Balance」に書いてある金額をクリックすると、そのままトータル金額のところに反映するので利用してみてください。

後は約定されるのを待つのみです。

注文履歴は上部メニューの「History」から見ることができるので、確認を行いたい場合はそちらを活用しましょう。

まとめ

ここではyobitの登録、入手金、取引方法について紹介していました。

通貨ペア数が6400以上というのは驚異的ですよね。

しかし中にはほとんど取引などが行われいないものも混じっているため、取引を行う際はしっかりと狙いを定めてから購入することをおすすめします。

またyobitには、取引以外にもミニゲーム感覚で資産を増やすことのできる「Dice」というコンテンツもあるので興味のある方はそちらで遊んでみるのもいいかもしれませんね。

そちらのコンテンツについては、また別の機会に紹介させていただきたいと思います。

フォローする