ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

怪しい情報が!?仮想通貨情報配信サービスの仮想通貨長者.comを調べてみた

全国72000人以上の会員を総動員して仮想通貨の安全性を確認し、情報配信サービスを展開していると言う仮想通貨長者.com。

安全性を謳いながら配信している情報そのものが怪しいものだった!?

これはある一部のツイート

無料会員になるべく自身のメールアドレスを登録したところ、仮想通貨長者.com以外からも怪しげなメールが大量に届くようになったのだとか。

またそのようなことがあったためオススメされている案件も信用していいものなのか。

とのことでした。

正直この時点でかなり怪しげですね笑

ですので今回はこの仮想通貨長者.comについて調査をしました。

運営元のサイトを調べてみた

早速ですが仮想通貨長者.comについて検索を行なったのですが

検索結果は全くなし!!

念のため仮想通貨長者のみのキーワードで調べてみると

3件のヒット(うち1つは広告)。

しかし内容を見てもどのページも全く同じことしか書いていませんでした。

しかもその内容を見ていると

冒頭から突っ込みどころ満載。

ビットコインの発行された年数は2009年ですし、1BTCの価格はすでに一度、50万円を突破しています。

仮想通貨の情報を配信しているサイトが市場の進捗を更新していないなんておかしいですよね?

この時点で「仮想通貨バブル」に乗っかった物ではないかと勘ぐってしまいます。

運営元会社を調べてみた

運営会社は株式会社 投資のKAWARA版.com。

会社概要はいたってシンプル。問い合わせページも清潔感が出ていて好感が持てます。

しかし、本家のページはと言うと・・・

いきなり怪しすぎます・・・

内容を見ていくと投資に関する詐欺に遭わないための情報を提供してくれるサイトのようです。

こちらは会社概要に記載してあった所在地のストリートビューです。

2階はライトがついていますが3階はあまり活気が感じられません。会員数が7万人を超えるサイト運営元ならもっと人がいてもよさそうですよね。

ちなみにこの住所がレンタルオフィスでないかと調べていたのですがそれは違うようでした。

ただそこで面白いものを見つけたので1つ紹介させていただきます。

仮想通貨投資詐欺が疑われるサイトも運営!?

参考:詐欺が疑われる仮想通貨(暗号通貨)への投資

見つけたものはyahoo知恵袋に上がっていたこちらの記事。

こちらには何が書いてあるのかというと

概要

・ASEC Coin (エーセックコイン)という仮想通貨に関連している
・このコインがツイッターでステマされていた。※1
・発行元を調べても公式サイトすら出てこない出てこない※2
・最高顧問と紹介されているカセー・チャナオン(Dr. Krasae Chanawongse)博士が本当にこのコインに関わっているものか不明
・ASEC Frontier社のCEO (最高経営責任者)であるDr. タパナ (Dr. Thapana Boonlar)の経歴がサイトによってバラバラ
・ASEC Coinに登場しているDr. タパナ (Dr. Thapana Boonlar)に関する資料はねつ造が濃厚

・ASEC Coinの日本代理店「株式会社ディアマン」に関しても情報が出てこない

※1 ※2

つまりはASEC Coinの存在そのものが非常に不可解なものであり、これに関連する会社は非常に怪しいということです。

更にASEC Coinが仮想通貨としてどのような機能を果たすかを調べてみると

その使い道は投機のみ!!

通貨としての利便性は期待できないということが記載されています。

今更投機にのみで価格が上昇するだなんて、仮想通貨に興味のある方であれば疑問を持たざるを得ません。

また同資料内には、

コインの価値は10倍どころか1万倍、10万倍に高騰が予測できる

との記載が…

一体どんな根拠でこのようなことを言っているのでしょうか。

情報の一つ一つに信憑性がないことを書いているのにこんなこと書かれても何一つ信じることはできませんよね。

投資のKAWARA版.comとのつながりが判明

※現在は修正されているようです

そして資料の最後には購入申し込みのリンクが設置してあるのですが、その最後に記載されているのが会社名が投資のKAWARA版.comだったのです。

だいぶ話は逸れましたが、詐欺を防止するための情報提供を行っている会社が非常に怪しいコインと繋がりがあったということになります。

仮想通貨長者.comのサービス内容としては詐欺を防止するための情報提供だけではなく、「有望な投資案件」の紹介も行われてるようでした。

その有望な投資案件として紹介されているのが、ASEC Coinだったのでしょうか。

正義の味方のふりをしながら、怪しい案件に勧誘していくという筋道が立てられている可能性は否定できません。

今後ASEC Coinへの投資はおろか、今回ご紹介させていただいた仮想通貨長者.comや投資のKAWARA版.comへの登録は控えておくことが賢明だと言えます。

まとめ

今回は仮想通貨長者.com及び投資のKAWARA版.comの調査を進めてまいりました。

情報を整理すると、これらの会社に関しても、ASEC Coinに関しても私であれば手を出そうとは思いません。

しかしこのような方々はビットコインなどの過去の事例にこじつけて

「最初は怪しと言われるのが当たり前」

「踏み出せた方が勝者です」

など心踊らせるような謳い文句を言ってきます。

こんなのは常とう手段です!!

そんなことをいちいち信じていたらいつまで立っても騙され続けます

情報を手に入れることは確かに重要です。

しかし一度情報を手に入れた後に、その情報が正しいかどうかを精査することが詐欺にあわないための最重要ポイントと言えます。

今回はネットでも確認できた情報でしたので、このように情報をオープンにさせていただきました。

しかし世の中にはもっと巧妙な詐欺は山ほど存在します。

その反面もちろん有益な情報も存在します。

ただ今回の案件に関しては近づかないことがベストな選択肢と私は考えています。

※冒頭に書いた迷惑メールの件についても調べたのですが、こちらに関しては何の確証も掴めなかったため、詳細は分からず仕舞いでした。。。

ちなみに数日後に仮想通貨長者.comを検索したら

なくなっていますね。

ただ関連がある投資のKAWARA版は、まだ存在しているようなのでご注意ください。

※当記事の情報は予想も含まれております。事実とは異なる部分があるかもしれませんので、予めその体でご確認をお願いします。事実と異なる部分などがありましたら、すぐに修正いたしますので、ご報告ください。

フォローする