ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

マイニング投資にも危険性が!?ビットクラブジャパンについて調べてみた

クラウドマイニング業者として日本でも有名な

ビットクラブネットワーク

または

ビットクラブジャパン

のセミナーの内容や口コミ調査を行いました。

クラウドマイニング自体、知識や準備が必要ないため人気の高い投資となっています。

しかし、楽だからという理由で安易に投資を行っていませんか?

ハッキリ言ってリスキー過ぎとしか言いようがありません。

そんなにお金捨てたいんですか??

このような話には、必ず怪しい業者がビジネスチャンスとばかりに群がってきます。

クラウドマイニングというワードだけで投資を行い、騙されたという人の報告もよく耳にします。

ビットクラブも例外ではありません。

特に今回の調査では、いくつかの矛盾点や衝撃的な話も出てきたので共有させていただきます。

その上で各自判断していただけるといいと思います。

クラウドマイニングとは

クラウドマイニングとは、一つの団体が個人や企業などから出資を募り、マイニングを行う方法です。

採掘されたコインから出資額に応じて報酬が分配されます。

クラウドマイニングのメリット

クラウドマイニングのメリットとしては

メリット

・マイニングに必要な初期費用が掛からない
・技術面の知識は不要
・メンテナンスをしなくていい

・電気代を気にしなくてよくなる

このような点が上げられます。

個人でマイニングを行う際は高額な初期費用もかかりますが、まずこれが要りません。

しかもマイニングによって発生する高額な電気代ももちろん不要

設定等の煩わしい知識、メンテナンスも必要ありません。

正直ものすごく楽にマイニングができます。

初期費用さえ払えば、誰でもマイナーの仲間入りです。

個人でマイニングを行う際のデメリットを解消できるため、クラウドマイニングが投資対象として熱い視線を注がれているのが現状です。

使用するマイニングコンピューターにおいても個人単位では扱うことのできない性能や規模感となるので、採掘できる可能性が高まるというのも大きなメリットですね。

ビットクラブジャパンの何が怪しいのか

冒頭でもお話ししたように、このビットクラブがクラウドマイニングの運営を行っているということはお分かりいただけたと思います。

これが凄く怪しいんです。

まず何が怪しいのかというと、どこにも会社概要が見当たらない。

ビットクラブが運営するサイトを色々と見たのですが、どこにも会社概要が載っていません。

さらに検索している中で見つけた動画には、

会社概要が書いてあったのですが、所在地に関しては一切書かれていないという事実が。

優良な会社であればしっかりとこのような情報は明記しているはずです。

さらに改めて所在地についての検索を行っていった結果

ついにビットクラブの所在地が判明しました。

書いてあったのはビットクラブのQ&Aのコーナー

※見落としてました。。。

所在地はあらゆるところです(^v^)

なぜここだけ顔文字なのでしょう。

その後にもっともらしくコンプライアンスが・・・と説明していますが、まず所在地を語れない時点でおかしな話だと思います。

もし仮に様々な拠点を持っていたとしても、集めた資金や報酬について管理したりなどしているところは絶対にあるはずなので、この答えはあまりにも不透明過ぎると感じました。

またドメイン情報から運営を探った方がいましたが、代表者の名前はガードされていて見れません。

わざわざ有料サービスを使ってまで名前を隠す必要があるのでしょうか?

※名前隠しは有料サービス

しかも登録の所在地がパナマ

いい街ですね!いろんな意味で(笑)

後はご想像にお任せします。

ソース:https://99bitcoins.com

ビットクラブジャパンのマイニングセミナーにも怪しさが

こちらはビットクラブのセミナーの様子となるのですが、かなり席も埋まっており大盛況のようです。

しかしこちらのセミナーの内容も怪しさが漂います。

最も稼いだ人は月に2億!?

セミナー中に公表された情報として、ビットクラブへ投資している人はどれくらい稼いでいるのかということ。

この答えに関しては印象に残るように主張していましたね。

その額はなんと1ヵ月で2億円だそうです。

ここ重要です。

当時のBTC価格は1BTC=約40万円つまり500BTCもの収益になりますね。

これが本当だったらかなりのものです。

マイニングで本当にそこまで稼げるのか?

先ほどの2億円の収益というものが気になったので計算してみました。

当時(2017年9月)ビットコインのマイニング速度は10分間に12.5BTC。

それを月で換算すると、54000BTC

これが世界中で1ヵ月に採掘されるBTCの量

そのうちの500BTCとすると…

なんと全体の1%近くにも

それってかなり考えにくいですよね。

その証明に下記のグラフをご覧ください。

こちらはビットクラブのサイトに載っているマイニング会社のシェア率を表したものです。

左手の赤枠で囲ってあるものがビットクラブのシェア率となります。

そのシェア率というのが4%

※現在(2018/4)はそのシェア率も1.4%まで低下

恐らく採掘されたものすべてを正確に測っても、そこまで変動はないでしょう。

そう考えると、

ビットクラブが採掘に成功した25%ものBTCが個人に報酬として流れていくことは到底考えれないと思います。

・かなりの数のマイニングコンピューターの維持費
・出資した人への配当
・とてつもない電気代
・ビットクラブに関わる人への人件費

・その他諸経費

単純に残りの75%の資金でこれらの支払いが可能となっているのでしょうか?

普通に考えて現実的ではありませんね。

まあ月2億はいいとしても、実際にビットクラブの会員の方はしっかりと稼げているのでしょうか。

続いては口コミについて調査しました。

ビットクラブ最新の口コミは?

まずはツイッターで調査

早速色々と出てきますね!

シミュレーションが劇的に下がった結果、ブログのページを閉鎖するようです。

単純に計算しても、回収が出来るかどうかのレベルですね。

投資期間が1,000日であるのであれば、回収は出来そうな数値は出ていますが徐々に報酬が低下しているようです。

ツイッターのハッシュタグから見ても、このペースでは元本割れもあるということが伺えます。

こちらの方は完全に元本割れの点を指摘されています。

やはりビットクラブへの投資は、注意が必要ということが言えそうです。

しかしビットクラブは大丈夫!というツイートもありました。

ここからはツイートが消されたらいけないので、画像で紹介します。

やはりマイニングは固い案件なのでしょう。

具体的にいくら稼げているかなどの情報は出ていませんでしたが、かなりのビットクラブを推している感じがしますね

では次

ん?被ってる。

アカウント間違いなく別ですが・・・

サブ垢?

兄さん、博士、大魔神みんな大好きビットクラブ!!

ちゃんとまともなツイートを探していたんですが、このようなものが多すぎて諦めました(笑)

ツイッターはこの辺にしておきます。

最後に海外の口コミに関しても、面白い情報があったので共有します。

犯罪者が運営に!?ビットクラブ大丈夫?

ビットクラブの運営を探っていた方の記事を見ていると興味深いコメントを発見しました。

まず内容としては、このコメントを書いた人は現役のBCN(ビットクラブネットワーク)の会員

そしてBCNの会社運営に携わっている人が犯罪者の可能性があるということ

自分で情報を調べた上、steemitにも掲載したようです。

参考:https://steemit.com/

かなり警告してますね(笑)

早速冒頭で犯罪者によって運営されていると紹介しています。

順番が前後しますが、簡単にまとめます。

まず見てもらいたいのがこちらのyoutubeに写っている中央の男性

動画の中でこの方がBCNの “Master Distributor”(運営のトップ的位置づけ)と言っていたそうなのです。

名前はRuss Medlin

この人の過去に問題ありです。

強姦未遂、児童ポルノの所持や他の多くの罪のために有罪判決を受けているとの記載が。

これがもし本当であるのならばビットクラブの信用は一気に落ちることでしょう。

数々の犯罪を繰り返してきた人が、今になって真っ当な事業を行うのでしょうか。

ワルコインには、そのイメージができません。

Medlinの過去がクラウドマイニング事業に影響を与えているのかと言われると、必ずしもそうではないと思います。

ただ信用性に欠ける材料が増えたということです。

この辺りも含め各自慎重にご判断ください。

まとめ

今回ビットクラブの口コミを含め調査を行ってきたのですが

不可解な点や怪しい点が多すぎるとしか言いようがありません。

あの金融庁からもお叱りを受けたチャーリータカさんも、セミナーでビットクラブの話をしていましたしね。

《ブロックチェーンラボ主催のセミナーにチャーリータカ登場》

妙に感じる要素が追えば追うだけ出てきますね。

ただ、決してクラウドマイニング自体が怪しいと言っているわけではありません。

ちゃんと運営を行っている業者も山ほどあります。

有名なのは「HashFlare」や「Genesis Mining」などでしょうか。

参加人数も多く、運営もしっかりしているため海外を中心に根強いファンが沢山います。

その人気によってマイニングの募集枠が埋まってしまうこともしばしば

同じクラウドマイニングを行うのであれば、断然これらの業者をおすすめします。

両方とも日本語にも対応しているので、日本人からの人気が高いです。

オススメ記事:初心者におすすめクラウドマイニング業者まとめ

きっかけは何であれ

何となく儲かりそうだから

楽して稼ぎたい

それだけで投資をしてしまうのは、危うい綱渡りをしているのと変わりありません。

しっかりと情報を精査し、各自で判断していくことが大切です。

ビットクラブじゃなきゃダメ!

という理由も見つからなかったので、クラウドマイニングを検討されている方がいるのでしたら色々な業者を見てみることをおすすめします。

以上で今回のビットクラブに関する調査報告を終了とさせていただきます。

※当記事の情報は予想も含まれております。事実とは異なる部分があるかもしれませんので、予めその体でご確認をお願いします。事実と異なる部分などがありましたら、すぐに修正いたしますので、ご報告ください。

フォローする