ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

怪しい業者が一押し!?CtCのICOは本当に超優秀案件なのか調べてみた。

ブロックチェーンラボが一押しするICO案件の一つであるCtC(Coin to Coin)ですが、これは本当に旨味のある案件なのか。

何故そう疑問に思ったのかというと、私のサイトを閲覧していただいている方にはすぐわかると思います。

※初めて閲覧された方、またわからない方はコチラの《ブロックチェーンラボに関する記事》をご覧ください。

簡単に言ってしまえばブロックチェーンラボが関わっているからです。

しかも日本でこの案件の代理店を行っているのはブロックチェーンラボのみ。

この時点で私からすれば「スルー案件」と考えますが、それでも調査をしてみないと真相はわかりません。

ですので今回はこのCtCに関して調査をさせていただきます。

CtCが実現すれば仮想通貨の概念が変わる!?

まずはCtCについてのご説明です。

CtCとは一言で説明すると、

自分の持っている小銭をビットコインと交換できるという仕組みです。

どのような場面で活用できるのかというと、まず解りやすいものが「海外に行ったとき」です。

最後外貨を円に戻したりすると思うのですが、「小銭が余った」という経験ありませんか?

その小銭がCtCを活用することによって、ビットコインに変えることができるのです。

もちろん余ったものでなくても小銭でビットコインが買えるので、「小学生が自分のお小遣いでビットコインを買う」なんてこともできちゃいますね。

実際にこれが現実のものとなれば、かなり便利なものとなることは間違いありません。

しかもこのCtCプロジェクトには世界的なICO、IPOの権威ともいえる人々が関わっているのだとか。

そこで私はこのCtCに関して本家サイトを覗いてみることに

するとそこでまた新たな疑問が出てきました。

サイトなし?CtCの詳細確認は出来ず

「CtC」の単キーでは違う業者さんが出てきていたので、「CtC ICO」という検索をかけた結果がこちらです。

違和感を覚えるでしょう?

公式サイトが見当たらないだけではなく、検索結果のページが全て日本語のものしか出てきていないのですから。

ちなみに「CtC project」でも検索をかけましたが、結果は同じように日本語サイトのみ。

世界的なチーム編成となっているのであれば、というよりも世界基準を目指すのであれば当然公式サイトは英語で出てくるはずですよね。

ちなみにプレセールを紹介いているサイトがありましたので、リンクを踏んでみましたが

このようにリンク切れとなっていました。

「プレセール期間中じゃないから?」とも思いましたが、このような部分も怪しいと言えますよね。

アフィリエイトにおいても不可思議な記載が

何かCtCに関する情報はないかといろいろ探していたところ、ブロックチェーンラボの発行していた「CtCに関するPDF資料」が出てきました。

ここにアフィリエイトのことに関して、またもや不可思議な記載があったため取り上げさせていただきます。

こちらはアフィリエイト報酬に関する説明です。

代理店には継続して導⼊した CtC Poket,CtC ATM からの売上の 0.5%を得ることができます。
発⾏されたトークン対して、CtC Poket,CtC ATM で取引された総量の 2.5%が毎⽉配分されます。

ここまでは良しとしましょう。

つまりは、代理店として扱われる人々が報酬をシェアし合う形ですね。

しかし私が疑問に感じたのはこの次です。

ビットコイン両替所の世界平均取扱⾼は 1 ヶ⽉:3 万ドル程度です。
仮に CtC Poket1 台で⽉:6BTC(約 15,000 ドル)の両替が⾏われたとします。

ビットコインの両替所の平均取り扱い(1ヵ月)が30,000ドルに対し、CtC poketの取り扱い想定が、15,000ドル。

小銭の両替をメインに考えているんですよね?

果たしてこのような取引額まで押し上げることはできるのでしょうか。

もし仮に大きなお金を動かすのであれば、ネットを使ってオンラインで取引しますし、海外から帰る時に持っているお金を全てビットコインに変えることも考えにくいと私は思いました。

もしこの想定通りの金額となっても報酬は1,875,000ドル。

トークン保有者がどれだけいるかわかりませんが、ここは今話題のCOMSA(登録人数:約18万人、トークン保有者を半分の9万人と仮定)を目安とします。

これをシェアするとなると

1,875,000ドル÷90,000人=20.8ドル

つまり1ヵ月あたり、2000円ちょっととなることに。

しかも90,000人というのはあくまでも過程の数字ということになり、実際に世界的なICOとなるのであれば、これ以上の人数が予想されます。

ちなみにこのICOのプレセール参加は一口最低1,000ドル(約11万円)からとなっています。

私はこの条件に見合うアフィリエイト報酬は期待できないと感じました。

CtCに関する会社について調べてみると…

先ほども述べさせていただいた、プレセールのリンク切れの件ですが覚えていますでしょうか。

そう、この画像です。ここのドメインにもなっている「グローバルアジア」という会社はチャーリータカが運営している会社です。

過去にはかなり叩かれたことのある会社ですね。

※詳しい記事はコチラ:世界を股にかける悪評!?チャーリー・TAKA(田塩享寛)について調べてみた

まあこのことに関しては代理店でもありますし、なんら違和感は感じないのですが、このドメイン情報が面白いことに。

こちらがそのドメイン情報です。

登録者名:株式会社ツールラボ

グローバルアジア、ブロックチェーンラボではなく、また更に新しい会社名が。

しかも日本サーバーですし・・・。グローバルではないですね。

とにかくこの「株式会社ツールラボ」がどのような会社かを検索してみると

・WEBマーケティング支援ツール開発
・メール配信、ネット決済環境構築
・中小企業・個人起業家のための支援ツール開発
・投資家支援ソフトウェアの開発
・Windowsアプリ
・iPhone/Androidアプリ
・Webアプリケーション開発

・サーバ構築

システム屋さんというところでしょうか。

至って普通と思っていたのですが、私の目を引いたのは下の画像です。

・自社アフィリエイトならMyASP(マイスピー)

メール配信スタンド、ネット決済、アフィリエイトセンターの機能を備えたオールインワンマーケティングツール

普通であれば、アフィリエイトの機能をつける作業をお願いしてるだけでは?と考えるかもしれませんが、

チャーリータカとこの会社が深くかかわっていると思われる要素がもう一点あります。

この画像は「株式会社ツールラボ」が手掛けていたバイナリーとFXに関するツールです。

これがどう繋がってくるのかというと、

以前私がチャーリータカのセミナーに潜入した際に、「仮想通貨の自動売買ツールを作成している」ということを本人が口にしていました。

つまりはその自動売買を作っている会社というのがこの「株式会社ツールラボ」という可能性が非常に高いと考えられます。

※チャーリータカが運営を予定している取引所にもアフィリエイトプログラムがあるので、そちらもこの株式会社ツールラボが関わっていると思われます。

何が言いたいのかというと、

ブロックチェーンラボから始まり、グローバルアジアに関連するもののシステム構築は、全てこの株式会社ツールラボが担っており、今回のCtCに関してもそれは例外でないということです。

しかもよく見ていただければわかるのですが、ドメインの有効期限は2017/10/31までとなっています。

この記事を書いている現在が9/24ですので1ヵ月を切っているという状態です。

これから盛り上げていこうとしているのに、この段階で有効期限が更新されていないということはどういうことなのでしょうか。

このまま更新がなければ…どうなるかはわかりますよね。

このようなミスがあるなど、基本的には考えられません。

上記の要素から考えて、本当に世界的なチームで手掛けているプロジェクトと言えるのでしょうか?

私はそのようには到底思えませんでした。

世界的な人々が集まるプロジェクトに日本の一企業が参加するとなれば、大々的に取り上げられる可能性もありますし、それに伴い自社のホームページでそのプロジェクトに関わっていると宣伝するのが普通じゃないでしょうか。

2ちゃんねるでも怪しい報告が

2ちゃんねるでもCtCに関する議論が。

そこにはCtCのリスク説明に対してかなりの突っ込みが書かれていました。

1 : 承認済み名無しさん 2017/07/07(金) 23:10:06 ID:
スキャム臭いけどどうなの?

リスク説明にクオンタの会社が丸ごと載ってるんだけど、ワンエイトアソシエーション関係してるの?

2 : 承認済み名無しさん 2017/07/07(金) 23:19:54 ID:

http://i.imgur.com/EuBoifm.jpg

クオンタの会社だよね?

CTCよりクオンタ早く上場しろよ!

8 : 承認済み名無しさん 2017/07/08(土) 17:54:09 ID:
これクオンタの会社がやってるのか、クオンタのリスク説明をパクってるのかどっちなの?
どちらにせよSCAM臭いよな
こんなモン紹介する奴に怒り覚えるわ

ちゃんと確認して紹介しろよ

15 : 承認済み名無しさん 2017/07/13(木) 13:38:37 ID:
紛うことなき詐欺

ブロックチェーンラボ手動で海外の通貨のように見せかけてるけど日本語情報しかない、英語情報ゼロの日本のみのICO

31 : 承認済み名無しさん 2017/07/25(火) 07:20:48 ID:
これ薦めてる奴が前にD9激推ししてて
潰れそうになったら別のハイプ勧めてきた

クズ野郎だから信用出来ない。

38 : 承認済み名無しさん 2017/07/27(木) 16:25:24 ID:
それよりブロックチェーンラボとワンエイトアソシエーションは同一の会社なのか?

それともブロックチェーンラボがワンエイトアソシエーションの会社の規約を丸パクリしてただけ?

40 : 承認済み名無しさん 2017/07/27(木) 19:51:29 ID:
>>38
推測になりますが同系だと思っています。

クオンタの所ですよね?あそこもかなり怪しいですね

この話によく出てくるクオンタとは、ブロックチェーン技術を応用し「人間が一切介入しない宝くじの運営」を目指した仮想通貨宝くじのことです。

こちらも進捗は全然ない模様…。

こちらの運営元となっているワンエイトアソシエーション株式会社も「ブロックチェーンラボと同系の会社ではないか」という推測まで出ています。

世界的プロジェクトにしてはリスク説明もパクりなど雑としか言いようがありませんね。

もうこの時点で、今回調査している

CtCのICOは非常に怪しいものという事が分かります。

私でしたら絶対に手を出さない案件ですね。

怪しいと思うのもは情報を探っていけば、確実にボロが出るということがわかります。

皆さんも何か怪しいと感じるものがあれば、情報を一度洗い出してみるといいでしょう。

まとめ

今回はCtCに関する調査をさせていただきましたが、やはり怪しい人が関わっていると何かしらのボロが出てくるものですね。

日本国内ではブロックチェーンラボを始め、色々なところで宣伝されているCtCですが、

本当に世界的なプロジェクトかというと、「正直違うのでは?」というのが私の感想です。

私であれば今回あげた要素を踏まえたうえでも、絶対にCtCには出資を行わないと判断するでしょう。

皆さんも何か出資を考える場合は、ありとあらゆる情報を精査することが大事です。

もっと調べれば今回の調査以上に怪しい要素も出てくるかもしれません。

今回はCtCに興味を持たれている方も多いようでしたので、この記事を書かせていただきました。

また何か怪しいものを見つけ次第、更新していきますので宜しくお願いします。

これで今回の調査報告は以上とさせていただきます。

※当記事の情報は予想も含まれております。事実とは異なる部分があるかもしれませんので、予めその体でご確認をお願いします。事実と異なる部分などがありましたら、すぐに修正いたしますので、ご報告ください。

フォローする