ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

闇深?仮想通貨LINEグループYJGがPlus Coinの代理購入を募るが返金の流れへ

仮想通貨情報LINEグループを運営する「YJG」がPlus Coinの売買を行うとの情報があったのでしばらく様子を見ていたのですが

昨日急遽Plus Coinに関する売買休止と返金対応の旨を発表しました。

テックビューロとも提携を結んだメタップスの子会社であるメタップスプラスが手掛ける「Plus Coin」でしたが、

実はこれ日本人は買ってはいけないという規定もあったのです。

今回はなぜYJGがこの「Plus Coin」の販売ができるようになったのか、また資金を集めた直後に返金を決定したのか一連の流れを含め、ご報告させていただきます。

メタップスの手掛ける「Plus Coin」って?

Plus Coin(以降:プラスコイン)の概要に関しては簡単に書かせていただきます。

まず前提として、このメタップスプラスは2018年3月に韓国で仮想通貨取引所を開設する予定です。

今回のプラスコインに関しては、取引所の開設と合わせて仕掛けたということになります。

プラスコインの概要

メタップスプラスは韓国のモバイルフィンテック事業を手掛けており、スマホ向けの広告ネットワークやクーポンシステムを、モバイルフィンテックプラットフォームである「Money Flow Plat」と連動する模様。

今回取り上げるプラスコインのICOは、この「Money Flow Plat」を完成させるためのものということです。

プラスコイン保有者のメリット

・配当が貰える

⇒四半期に一度CoinRoom(開設予定の取引所)の業績によって配当が行われます。

具体的には取引手数料によって生じたCoinRoomの利益の10%

・取引手数料が実質無料に

⇒プラスコインを所有しておけば、利益の一部として取引手数料の四半期返済の権利を得られるようです。

つまりは実質無料で取引が行えるということになります。

日本人はプラスコインのICOに参加はできない

上場企業が手掛けるICOということで非常に注目を集めるプラスコインですが、日本人を始めシンガポール人、中国人、アメリカ人はこのICOに参加できないと公式サイトでも発表されています。

今回の一連の話はここから始まります。

なぜ日本人の私たちに今回のオファーが回ってきたのか

そもそも日本人が買えないはずであるプラスコインのICOのオファーがなぜ私たちにあったのか?

そこには1人の日本人が関わっていました。

株式会社myコンサルティング 坂元康宏

プラスコインは日本人は買えないようになっています。

しかし今回このプラスコインを購入する手段として提案されたのが、代理購入でした。

こちらの画像はYJGがLINEグループ内で質問に回答しているものです。

ご覧いただくとわかるように、坂元という人物が経営している会社に韓国人の従業員がいるため購入が可能という内容ということがわかります。

この時点での私の疑問は3つ

・代理とは言え、この方法は法律違反にならないのか?
・法律違反ではなくとも、このやり方はメタップス+ の意向に背いているのではないか

・契約はされているといった情報はあるが具体的な根拠はどこか(CEOと一緒に写ってる写真などは論外)

まずはこの問題点を解消すべく動いてみました。

代理購入は法律違反にならないのか?

今回の流れで行けば上記の図のようになるのでしょうか。

この流れで行くと実質メタップス+ の規約に違反しない形での購入が可能ですね。

しかし日本では、現在仮想通貨交換業の許可を得ていないと資金の管理や保管は法律違反になるはず…

最悪の場合は、3年以下の懲役、または300百万円以下の罰金に科せられる可能性があります。

違法かどうかについては、私は専門外となるので具体的な明言はできませんが、YJGの回答曰く、「今回購入するのは韓国人である為、国内の法律は適応されない」とのことでした。

まあこのやり方が違法でないにしろ、全く知らない人に資産を預けること自体が危ないのではないか?と感じました。

メタップス+ の意向は?

先ほどプラスコインの購入スキームについて「メタップス+」の規約には反しないと言いました。

しかし規約に反してはいないものの意向には背いているのでは?

と思った私。

このようにしっかりと業務提携を行っているのであれば、

提携会社の意向に沿わない行為を行っていいのでしょうか?

もし仮に業務提携の中で、今回のスキームの承諾を得ていたとしたら

それはそれでメタップス側の大問題となるでしょう。

だって単なる「えこひいき」みたいなものですからね。

考えてもしょうがないと思ったので「メタップス」に電話してみました。

※本来はメタップス+ に電話をするべきなのですが、韓国語が喋れないためメタップスに電話する経緯となりました。

正直メタップス+ ではなかったので何も知らないかと思いましたが、担当の広報さんがいるということで、その方にお話を伺いました。

電話内容:

ワル「プラスコインを韓国の友達に買ってもらおうと思うんですが、これってアリなんでしょうか?」

※そもそもこんな馬鹿正直な電話するやついないだろ

担当「あーそれは、ちょっと個人間の話になるのであまり言及が・・・」

※この時点ですぐに法律の話は出てこなかったので、法律面はセーフなのかもしれません

ワル「というよりも、このやり方ってメタップスさんの意向に反するものとなってしまうのでしょうか?」

担当「そうですね…ちょっとその点に関しては…」

ワル「わかりました。やっぱりそうですよね。」

電話は続く

電話の内容は一字一句間違いないとまではいきませんが、内容はこのような感じです。

つまりこのスキームに関しては

メタップス側も快く思わないものということがわかります。

それもそのはず。

公式サイトでもこれだけ警戒している模様。

つまりは、業務提携をしたからと言ってメタップス側が「えこひいき」のようなことを承諾するというのは考えにくいと言えます。

これから取引所の解説やICOを成功させようとしている会社がこんなスキャンダルになるかもしれないことするメリットがないですからね。

ではそうなると、なぜmyコンサルティングは業務提携を行っている会社、しかも大企業の意向に背く行動に出たのでしょうか。

ま、まさか…

業務提携は本当に行われているのか?

先ほどの電話の部分で、「電話は続く」と表現しましたが、それがここでの「myコンサルティング」「メタップス+」

本当に業務提携が行われているのか?という部分にかかってきます。

では電話の続きです。

電話内容:

ワル「すみませんがもう1つ質問させていただいてよろしいでしょうか。」

担当「はい、どうされましたでしょうか」

ワル「メタップス+ が提携している会社についてなのですが、その中にmyコンサルティングもしくはmyコンサルティングコリアという会社はありますでしょうか。」

担当「少々お時間いただきますがよろしいですか?」

ワル「はい。お願いします。」

・・・・・

・・・・

・・・

担当「お待たせいたしました。弊社が確認したところそのような企業のお名前は出てきませんでした。もし正確な詳細を知りたければ直接メタップス+ に連絡していただいた方がいいかもしれません。」

ワル「ご確認ありがとうございました。」

メタップスの関係者も知らない情報だったのでしょうか。

もちろんメタップス+ に直接電話できていればよかったのですが、なんとなく歯切れの悪い終わり方となってしまいました。

これに関しては確証を掴めたわけではありません。

会社関係者でも知らないことは当然ありますので、これ以上担当者の時間も取らせることはよくないと思い電話を終えた次第です。

念のため、myコンサルティングの会社のホームページを確認したのですが「メタップス+」との提携を知らせるプレスリリースはありませんでした。

※私が単に見落としているかもしれません。

会社自体も公表していない超トップシークレットな提携だったのでしょうか

ちなみに韓国の子会社も調べたのですが、出てきたのは

あのADAコインで有名なカルダノ。

そこ今の流れは「メタップス+」が出てきていい場面でしょう。

サイトの内容もすべてカルダノやADAに関わるものばかりで、メタップス+ またはプラスコインに関わってくる要素は私の見る限りはありませんでした。

今回どのような経緯でこのプラスコインの話が進められたのかはわかりませんが、違和感を感じる点がいくつもあることはお分かりいただけたと思います。

YJGが集めた資金を返金する方向へ

今回のプラスコインについての調査は先ほどのもので終了です。

そして次が昨日いきなり発表された返金についてとなります。

仮想通貨のライングループにおいてプラスコインの返金を決定したとの報告が。

返金を決定した理由としては

・そもそもYJGが発表していた内容とは違い、プラスコインが直接でないと購入できない。

・実際は日本人でも入力適当にやり過ごせば購入可能だった。

※現在は購入がバレた場合、強制返金の対象となっています。

この2点があげられていました。

というよりも、契約交わしたとか韓国人が買うとか言う話はどこへ…

まあそこはともかく、いきなりこのような展開になると思っていなかったので私自身もビックリしました。

これが今回の一連の流れ(半分以上は調査報告となりましたが)という訳です。

今回に関しては後々に記事をあげていく予定だったので、公開できていない資料などもありますが、これをもって報告を終わらせていただきます。

YJGが集金の動き?

プラスコインに関するQ&Aをまとめているノートがあり、最後にコインの概要に飛べるURLが添付してあるのですが

以前、私がツイッターで警告させていただいたサイトですね。

私が被害を受けた翌日も他のサイトから記事をコピーしていましたし、他にもそのようなものが見受けられました。まさかここと繋がっているのか?

あとは私が追っているチャーリー氏の取引所へ誘導することもですね。

※チャーリータカの仮想通貨取引所を調べた結果

このようなことが続くと

怪しい業者と繋がっているのではないかと疑われる可能性だってあります。

せっかくここまで大きなグループとなっているため、今後も名前の通り「有益な情報」をこれからも1人のユーザーとして期待しています。

※当記事の情報は予想も含まれております。事実とは異なる部分があるかもしれませんので、予めその体でご確認をお願いします。事実と異なる部分などがありましたら、すぐに修正いたしますので、ご報告ください。

フォローする