ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

初心者向けモナコイン情報まとめ チップモナやその他の遊び方

今回はモナコインについての基本的なことをまとめていきます。

モナコインとは?

Monaコインとは、2014年に2ちゃんねるから誕生した暗号通貨です。

わたなべ氏がライトコインを元に開発し、2ちゃんねる発祥のキャラクターであるモナーからその名前が決められました。

モナコインの誕生記録

2014年1月

・Monacoin初の取引所が開始。NEWCHG.COM
・初めてのショップMONA JUNK Parts shopが開設
・もなとれが開設。日本初のMonacoin取引所
・monacaが開設。決められた額を払った人にだけメッセージが見られる
・もなっくすが開設。初?のモナ対日本円取引所だった
・もな(´∀`)ばんくが開設。初のウェブウォレット
・Android用ウォレットアプリMonacoin Walletのv0.03-alphaが公開

・モナオク!が開設。オークションサイト

2014年2月

・Monacoin Foundation設立
・80,000 blockに到達
・Mt.Goxショック

・Ask Monaが開設

http://seesaawiki.jp/monacoin より参照

もう少し具体的に知りたい人は、

モナコイン誕生から1年を振り返るスレ(http://askmona.org/2603)をご覧ください。

世界初のSegWit対応と価値上昇

今年になって本格的に注目を集めたのはSegWitに対応したからでしょう。仮想通貨の市場において、世界初はブランド価値を持つため、コイン価値にも大きな影響を与えました。

具体的に数字に表すと、今年の2月には3円だったモナコインですが、SegWitへの期待から4月には19円を記録しています。

その後、徐々に需要を伸ばしていき、皆さんご存知の通りBitflyerに上場が決まった途端に721円まで飛び立ちました。

10月14日のことです。

当時モナコインで遊んでいた方々は少なくなかったため、コインを保有していることを忘れている人たちが沢山いるのではないか、とも言われていますね。

10月末の現時点でもモナの勢いは止まらず、積極的にコインの利用がユーザーによって行われています。

10月31日時点 時価総額は36位です。(4月は60位前後)

モナコインが取引できる取引所は?

モナコインは、日本の取引所で取引することができます。

Zaif

2015年3月4日に上場しました

簡易取引と取引所にて購入することが可能です。

簡易取引所での購入方法右側の赤の方で購入ができます。MONACIONの数量を指定すると自動的に日本円の設定金額が反映しますので、確認後MONACOINを買うボタンで購入する事ができます。

取引所での購入方法

購入希望価格を入力し、買いたい数量を入力後買い注文を出すと予約注文が入ります。

希望価格に到達すれば、取引が成立します。

Bitflyer

2017年10月3日に上場しました。

取引所で現物が購入できます。

アルトコイン販売所⇒MONAコイン選択後⇒数量を指定後購入価格ボタンを押せば購入完了します。

Bitbank

2017年7月上旬に上場しました。

ここでは取引所で購入することができます。

右側のフォームにて数量を指定後

指値=価格を指定して注文する方法

成行=その場の価格で注文する方法を選択後注文ボタンで注文完了します。

特徴としては指値はその価格にならないと成約しない反面、成行注文の場合はその場の価格で成約します。

取引所別の価格情報

Zaif(簡単売買) 1モナコイン=360円
Zaif(取引所) 1モナコイン=352円
Bitflyer(簡単売買) 1モナコイン=392円
Bitbank(取引所) 1モナコイン=352円

取引所ごとに価格が異なりますので、売買を検討されている方はご参考ください。

モナコインの遊び方は?

仮想通貨のトークンは、取引の投機目的で利用されるのが現在のスタンスですが、モナコインほどトークンとして利用されているものも珍しいです。

モナコインで出来る様々なことをまとめました。

チップモナ

Twitterアカウントに対してモナコインを投げ銭できるサービス

Twitter上から中の良い相手や、気になる相手にモナコインを送ることが出来ます。プレゼント目的などで利用されていますね。

チップモナを自分のアカウントに入金し、送金や出金に使います。またそれだけではなく残高の確認も行うことが可能です。

・チップをあげる

上記のツイートのように@tipmona tip @相手のtwitterID 金額(半角数字) コメントをツイートに入れると、相手にチップを送ることができます。

・残高を確認する

上記のツイートのように@tipmona balanceをツイートに入れると、残高を確認することができます。

モナッピー

Monappy(モナッピー)と呼ばれる作品公開・動画配信・フリーマーケット機能がついたサイトで、通貨として利用できます。

・MonappyPicturePlaces

参照:Washoku・鰻・bowl of eel and rice

これは写真や絵を投稿して投げ銭してもらうサービスです。

モナッピー自体がSNSにちかいものを持っていてそこで写真や作品などをアップロードし気に入った方が投げ銭をするという画期的なシステムになります。

その作品のページ下部にフォームがあり、投げ銭のMONA数量を入力して送信ボタンを押すだけの非常にシンプルな操作方法になります。

アスクモナ

モナコインが投げ銭でもらえる掲示板

アスクモナという掲示板で、ユーザー同士がモナコインのやり取りができます。

質問したり、答えたりすることによって、モナコインをチップとして渡したりもらって貯めたりする事ができます。

中には書き込むだけで貰えるトピックもある模様。投げ銭方法はフォームから数量を入力してボタンを押すだけのシンプルな方法です。

まとめ

モナコインは、歴史が長く、昔からのファンが多いです。現在も第一線で活躍しているコインだから今後も期待ができるでしょう。

今後、海外取引所にも上場すればモナーがペペを超えて世界のネットマスコットになる日もくるかもしれないかもしれませんね。

様々なサービスとして利用されるモナコインはこれからも注目したいと思います。

※事実と異なる部分などがありましたら、すぐに修正いたしますので、ご報告ください。

フォローする