ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

【SCAM?】広告に積極的な仮想通貨のICO業者を調べてみた

最近は、ICO多すぎて情報に追いつけていないワルコインです。

皆さんはICOにお金預けすぎてお腹一杯かもしれませんが、ICOは認知・話題量が重要だと思いますので、実際に広告出してまで積極的にプロモーションしている(必死な)業者を調べてみました。

どの業者も「SCAMで回収すればいいや」なんて思ってないはずですよ?至って集客に真面目に取り組んでいます。

ADAコインみたいに詐欺詐欺言われながら無事BITTREXにICOして、外国人には「What is ADA? SCAM coin in Japan?」なんて認知されずとも取引高をぐんぐん伸ばす「異常なコイン」もあるぐらいですし…

仮想通貨キーワードで見るGoogleアドワーズの広告費

まず気になるのはGoogleアドワーズの広告費です。金融のキーワードは高いイメージですが、仮想通貨関連のワードはどうなんでしょう。

基本的な仮想通貨関連キーワードはいくら?

左は仮想通貨関連のキーワードをまとめ、右は金融系のキーワードを拾ってみました。

見て分かる通り、まだまだ仮想通貨は安いんですよね。バイナリーオプションやってるような人たちは仮想通貨のICOとか好きそうなので、業者からしてみれば3-5分の1の費用で広告打てるわけですね(リスティング業者がすごく食いつきそうだ)

ビットコインが成長して為替の資金が仮想通貨の市場にもっと流れれば、FXの単価を超える日もあるかもしれませんね。

現在広告を出しているICO業者をまとめてみたところ、以下のような結果に。

ICO業者
Aion https://aion.network/
pluscoin https://pluscoin.io/
goldbitcoin https://www.goldbitcoin.cc/
aml bitcoin https://www.amltoken.com/
cobinhood https://www.cobinhood.com/
bitair https://bitair.io/
artoken https://artoken.io
change https://change-bank.com/jp/
prosume http://prosume.io/
odmcoin https://www.odmcoin.com/
domraider https://www.domraider.io
エターナルコイン https://ww.eternallive.jp/
情報商材 森田真之(デーブ森田) http://morita-coin.com/lpo2/

大体は取引業者の広告が主でしたが、キーワードによってはICOが集中していました。初めてこのように調べましたが、なかなか興味深いです!全てのICO業者の内容は見ていませんが、話題に上がるようならば調べてみようと思います。

海外で中心に広告かけている業者が多い中、注目すべきは「エターナルコイン」ですね。英語で広告が並ぶ中、日本語で広告されていて目立ってました!内容は金融庁に申請中としか見てません。

情報(詐欺)商材の方ですが、相手にしなくてOKです。(もう彼のことはまとめてます)既に大分叩かれていますが、応援したい人は「森田真之」で検索して広告をクリックしてあげてください。Googleに広告費が投げ銭できます(森田の金で)

SEO対策ワード:森田真之 仮想通貨 詐欺

このワードで当記事に来た人は、広告クリックしてあげてくださいね。

ビットコイン・アルトコインのキーワードはいくら?

日本語のキーワード安い!英語と比べてこんなに価格差あるのか…日本のWEB屋がまだ気づいていない証拠ですね。以外だったのが、BTCやETHが安いですね…日本人はリップル好きというのは本当かもしれない

そして、トークンに取引所を足したキーワードはどれも横並びですね。実際にどのような業者が広告出しているのか楽しみです。

取引所は先と同じようにいくつか広告が出ていました。これは皆さん予想通りだと思います。

先ほどのキーワードと重複しないICO業者はこちら
ICO業者
iqoption https://coin.iqoption.com
cryptopay https://ico.cryptopay.me
enjincoin https://enjincoin.io/
farad https://www.farad.energy/

あまり多くはなかった印象です。キーワード単価が基本キーワードと比べて高かったせいかもしれません。しかし、ここからは皆さん注意してください

・ビットコイン
・イーサリアム
・リップル
・ビットコイン 取引所
・イーサリアム 取引所

・リップル 取引所

この辺のキーワードは「詐欺」が見つかりました。詳細は以下を確認下さい

詐欺:セキュリティブロック

bitcoindoubler.fund

岩井コスモ証券(詐欺URL違い)

www.iwaicosmo.net/

スピード・マイニング・サービス

https://smscoin.jp/

主に見つかったのは3つです。まず、bitcoindoublerなるところは、セキュリティソフトがブロックしましたので確認していませんが、ブロックの詳細見る限りろくなものじゃなかったです。

次に、岩井コスモ証券のフィッシングサイトです。URLが本物は「.co.jp」です。商標でも広告出ていたので、証券会社もこれぐらいは調べようよ…(画像の並びは偶然です)

最後に「スピード・マイニング・サービス」ですが、直感で怪しいと感じたので、今後暇なときに調べてみます!利用は控えたほうが無難でしょう。ページの最後見る限り、「退会手数料は入会金と同額です」なんて書いてありましたから。

詐欺師たちは「効果が出るキーワード」にしかお金は払いませんから、注意キーワードを調べたことのある人は「騙されていてもおかしくなかった」と理解し、今後の投資は十分に気をつけてください。

商標(取引所)のキーワードはいくら?FX業者と比較してみた

取引所のワードによって全然違いますね。FX業者と比べると安い方ですが、直ぐに寄る印象ですね。各キーワード調べてみましたが、さすがに他の会社でキーワード入札かけている業者がなくて安心しました。

(実は一社だけあったんですが、スクショ取り忘れて…悔しい)

今回はとりあえず軽くしか調べていませんが、もう少し仮想通貨の広告市場が熱くなってきたときは本腰入れて調査します!こんな広告手法が出てきたか!など見つかると面白いですしね。

この記事を読まれたということは、少なからずWEBの広告や先の展開などを気にしている方々も多くいると思いますので、需要あったらその辺のことも書いてみることを検討します。

ひとまず報告はおしまいです。YDNは調べていませんが、気が向いたら調べようと思います!

フォローする