ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

初心者が知らない正しいビットコインの買い方と仮想通貨取引所のこと

仮想通貨を初めて購入するとき、あなたはどうやって買いましたか?

・販売所で
・計画なしに勢い

・名前の雰囲気で

気持ちは分からなくないけど・・・本当にもったいないです!

せっかく仮想通貨を購入するのであれば、取引所の仕組みや買い方を理解しないと損をしてしまう可能性が非常に高くなります。

今回は国内でも大手取引所のビットフライヤーを使って解説します。

国内取引所の仕組み

国内取引所では、取引所と販売所を併設しているところがあります。

どちらでもビットコインを手に入れることは可能です。

ですが、大きな違いがあります。

まずはこの違いについて触れていきましょう。

販売所と取引所の違いとは

取引を行う相手が違います。

取引所の場合:ユーザー同士

販売所の場合:取引所

これが1つ目なので覚えておいてください。

この仕組みが、次に紹介する取引所と販売所の価格差に大きく影響します。

まずは取引所の売買価格です。

取引所の場合はユーザー同士の取引となるので、手数料は少ししかかかりません。

手数料の設定は取引所によって異なりますが、大体0~0.2%といったところです。

次が販売所の価格差

販売所の場合は、2%~3%ほどは手数料が取られていることがわかります。

これって結構大きな金額ですよね。

仮に1,000万円分ビットコインを購入するのであれば、0.2BTC(30~40万円)近く変わってきます。

ね?知らないだけでもったいないでしょう?

初めから販売所を使ってビットコインを購入してしまうと、その段階で損をしているということです。

取引所を選ぶときに手数料を比較される方は多いと思いますが、まずはこの仕組みを知っておくことの方が重要と思います。

何故こんなことに新規ユーザーが引っかかってしまうのか。

これはリンクが販売所を選びやすくするための配置になっているからでしょう。

あきらかに販売所の方が押しやすい。。。

何も知らなければ引っかかっても仕方ないと思います。

またプラットフォームの作りも上げられます。

販売所の方が明らかに分かりやすいですね。

何もわからない初心者の方は、簡単そうなプラットフォームを選ぶことでしょう。

やっぱり人間楽な方に惹かれてしまいますからね。

ただやはり少しでも利益を求めるのであれば、取引所を利用するようにしましょう。

販売所を利用するタイミングは?

散々販売所を否定するような書き方をしてしまいましたが、そうではありません。

販売所もポイントによって使い分けるといいでしょう。

取引所は先ほども説明した通り、良くも悪くもユーザー間同士のやり取りとなります。

極端な話、板に注文が並ばなければ約定もできないということです。

取引所=相手がいないと売買できない

販売所=いつでも売買可能

こういったイメージです。

大手取引所であれば板も活発なので、約定に数日ということはありません。

ただし以下の場合は約定しにくいこともあります。

急な暴落のため、売りが殺到し買い手が追いつきません。

売りたくても売れないのです。

このような場合は普段よりも手数料が高くつきますが、売れないよりはマシな場合があります。

急な高騰の場合も同じです。

販売所の使い方は非常に制限がありますが、このようなことも覚えておくといいでしょう。

正しいビットコインの買い方とは

次はビットコインの買い方についてです。

これが正しいとは一概には言えません。

投資には1人1人スタイルがあります。

目的に合わせて買い方や取引所を決めていくといいでしょう。

特に初心者の方は、次に紹介する3つのタイプから選んでいくとわかりやすいと思います。

コツコツと買い増ししていくタイプ

堅実派の方にピッタリな投資法は積み立てです。

定期的に決まった額を投資すればOK

安い時に多く買い高い時は抑えることで、平均取得価格を落とすことができます。

低リスクな資産運用法ですね。

ただ毎回コツコツと買い増すのは非常に手間です。

なのでそんな時は取引所のサービスを利用しましょう。

Zaifでは仮想通貨の積み立てサービスを展開しています。

低額から始めることができますし、申し込み以外は自動なので非常に楽です。

買い付けの金額は取引所ベースとなっているので、無駄なお金を取られる心配もありません。

また取引所の扱い方など、面倒なことも覚えなくていい点がメリットとしてあげられます。

「初心者でまだわからないことばっかりだけど、仮想通貨に投資を行ってみたい!」

そういった方にはいいシステムと思います。

Zaif以外の取引所はほとんどこのサービスがありません。

是非チェックしてみてください。

一気にドカンと一攫千金

このような方はレバレッジをかけた取引がオススメ

レバレッジ取引とは日本円を証拠金に、その何倍もの取引が行える方法です。

2017年に多くの億り人が生まれたカラクリは、このレバレッジ取引を行っていた人が多いからだと思います。

またビットコインFXの魅力はショート(空売り)ができること。

空売りとは先に売りから入り、下がったところで買い戻すという方法です。

金融庁の発表でもレバレッジ取引が、全体取引の8割を占めているという結果に。

※平成29年度

思った以上に流行っていて驚きです・・・

下げ相場でも利益を出すことができるのも人気の理由となっているのでしょう。

ビットコインFX取引に関しては、特にビットフライヤーが力を入れています。

チャートの使い勝手もいいですし、初心者の方でもそこそこ手軽に使いこなせるかと。

ただレバレッジ取引はハイリスクハイリターンなのでやり過ぎ注意

アルトコインでレバレッジ

ビットコイン以外のレバレッジ取引も行いたいという方もいることでしょう。

そんな方にはDMMビットコインがオススメ

国内では珍しくアルトコインでのレバレッジ取引も可能で、取り扱い種類も豊富です。

スマホからの操作も簡単に行えるため、人気が高まってきています。

大手企業が展開するサービスだけあって、安心感も抜群ですね。

主旨とはズレましたが、ビットコイン以外でレバレッジ取引を行いたいのであればDMMビットコイン一択です。

マイナー通貨を狙うなら海外取引所も

海外取引所では、日本で取り扱われていない仮想通貨が豊富に存在します。

取引所によっては300種類以上の取り扱いということも

数十倍、数百倍の可能性を秘めた通貨を探し当てたいというのであれば、海外取引所もあると頭に入れておくといいでしょう。

海外取引所の場合は販売所というものがないので、基本的には国内の取引所でビットコインを購入し、送金する形となります。

言語問題は多少ありますが、国内取引所の作りと似ているので感覚的に操作できる部分は多いでしょう。

また最近では日本語に対応している海外取引所も増えてきています。

【早めに登録推奨】草コインを買う!おすすめ海外仮想通貨取引所まとめ

まとめ

今回は仮想通貨の取引所のことや、ビットコインの購入の仕方について解説してきました。

・販売所でなく取引所を使う
・投資スタイルに合った選択

・場合によっては海外取引所も

初心者の方は、まずこのようなことを意識しておきましょう。

たった3つですが意識するとしないでは、かなりの差が出ると思います。

仮想通貨を始めることはいいことですが、まずはこのような基礎知識をしっかりと頭に入れて参加することをおすすめします。