ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

Amazonがビットコイン決済を導入!?嘘か本当か調べた結果、新たな可能性が・・・

今回は詐欺商材や嘘くさいセミナーとは離れたものについてご紹介したいと思います。

それはAmazon(後:アマゾン)がビットコインの決済を受付可能にするという噂。

本当のことであれば、実に興味深いニュースですね。

しかしまだこの段階で情報を鵜呑みにしてしまう訳にはいきません。

なので今回はこのアマゾンが本当にビットコインでの決済を承認するのかどうかを調べてみました。

Amazon(アマゾン)とビットコイン

アマゾンと言えば皆さんご存知の通り、世界でも有数の大企業です。

単なるECではなくアマゾンプライムや音楽配信なども手掛けており、欲しいものがあればまずはアマゾンで探すという方も多いのではないでしょうか。

もしこのアマゾンでビットコイン決済が承認されるとすると急激にビットコインの価値が急増するのことが予想されます。

既にビットコインでアマゾンギフト券は買える

ビットコインでの決済は現状まだ行われてはいませんが、ビットフライヤーなどの取引所を経由すればアマゾンギフト券と交換することは可能です。

またアマゾンギフトだけでなく、コインギフトでは楽天ギフト、Google Playギフトカード、iTunesカードなどさまざまなギフト券を購入できるようになっています。

あまり知られていませんが結構便利ですよ。

価格はコインの価値によって変動するため、より相場が上がっている時に交換することでお得にギフト券を手に入れることができます。

アマゾンは本当にビットコイン決済を承認するのか

いよいよ本題に入っていきましょう。

アマゾンは実際にビットコインとライトコインについて決済を考えているという情報があります。

その際はすぐにウェブサイト上で情報を公開すると言及しているらしいのですが、それがいつになるのかはまだ分かっていません。

「なぜライトコインもなのか」と疑問に思われる方もいるかもしれないので、簡単に説明させていただきます。

ライトコインがなぜ検討されているのか

ライトコインとは、簡単に言えばビットコインの上位互換と考えてもらえればいいと思います。

ビットコインと同等の性質を持ちながら、取引承認スピードがビットコインよりも早いという性質があります。

その性質上アマゾンのようなECには最適な通貨であるということから、ビットコインと共に導入が検討されているのでしょう。

一方でビットコインは決済に導入されないという声も

アマゾンでビットコインの決済が導入されるというニュースに注目が集まていますが、一部の間では決済を導入しないのではないかという声が上がっています。

それはなぜかというと、仕入れと決済の通貨が統一されていないことによって、利益を計算しにくくなるというデメリットがアマゾン側にあるからです。

アマゾンではもちろん国が発行する通貨で仕入れを行います。

それに対してビットコインで決済が行われると、BTCは溜まりますが国が発行する通貨はたまりませんよね。

そうなると手持ちのBTCを通貨に変えるという手間が出てきます。

しかもBTCを貯めて通貨と交換する方法をとるとしても、その間に市場の暴落が起った場合はアマゾンがかなりの痛手を負う可能性も。

仮想通貨市場はボラティリティが高いため、

「このようなリスクのある方法をアマゾンが取り入れるのはあり得ない」

という観点からビットコイン決済は導入されないという意見が出ているのです。

第三の可能性:amazonが仮想通貨を造る

第三の可能性としてあげられるのは、

アマゾンが自社で仮想通貨を開発するということ

その可能性については、ベンチャーキャピタリストのJames Altucher氏が語っています。

2016年にAmazon Web Servicesが復活したことで、Bitcoinおよびブロックチェーン企業と新興企業の最大の投資家の1つであるDigital Currency Groupと提携しました。

“…そのようなサービスを提供することで、DCGのポートフォリオのブロックチェーンプロバイダは、金融機関、保険会社、エンタープライズテクノロジー企業などの顧客との安全な環境で働くことができます。

言い換えれば、アマゾンの目標は、DCGのポートフォリオと顧客がデジタル通貨を取引する際の仲介者になることです。

引用:Altucher’s newsletter

つまりアマゾンはECだけではなく、提携したDCGに顧客を様々な形で送り込むことを想定しているのだと考えることができます。

新たな事業計画も視野に入っているということでしょうか?

仮にそれが本当であれば、一番有力な説ではあります。

・自社で通貨を発行

⇒様々なサービスの決済に利用する。

・通貨の利用が増える

⇒発行した通貨の価値が上がりアマゾン側にも旨味がある。

非常に合理的ですね。

現段階でアマゾンのビットコイン決済導入するという情報は憶測でしかありません。

ただ今回指摘させていただいた、新たな可能性も十分に考えることができます。

アマゾンがどのようなことを視野に入れているのか今後の展開にも注目していきたいと思います。

今回はいつもとテーマを変えてやってみました。

また次回からは怪しいものの調査に参りますので宜しくお願いします。

※当記事の情報は予想も含まれております。事実とは異なる部分があるかもしれませんので、予めその体でご確認をお願いします。事実と異なる部分などがありましたら、すぐに修正いたしますので、ご報告ください。

フォローする