ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

【登録・入金・送金】MetaMask(メタマスク)の使い方

操作も軽く送金処理の設定の自由度も高いため、ICOにもよく利用されるMetaMask

数少ないイーサリアムウォレットの一つであり、MyEtherWalletとも差別化された機能が充実しています。

ICOだけでなく、Dappsもメタマスクと連動させるものが多いので今人気のイーサリアムウォレットです。

また日本語にも対応しているベータ版も実装されたため、これから需要がもっと高まることでしょう。

MetaMask(メタマスク)を追加

MetaMask(以下メタマスク)はChromeの拡張機能となります。

まずはChromeのウェブストアにアクセス。

これで追加は完了しました。

ダウンロード後、公式ページが開くことがありますが、ここでは使用しませんので閉じても大丈夫です。

それでは実際にメタマスクを開いてみましょう。

追加されたらクローム上の右上、もしくは「その他ツール」から「拡張機能」を選択すれば出てきます。

まずは利用規約が出てきます。

同じようなものが連続して出るので、2回とも「Accept」をクリックし次へ進みます。

次はパスワード設定です。

任意のパスワードを入力してください。

二段目は確認用となるので、同じパスワードを入力しましょう。(ワルコインでは40文字以上のパスワード設定をおすすめしています。)

google : パスワード 乱数 生成 (使いやすいサイトをお選びください)

次に出てくるこの12単語はSeed(シード)と言ってかなり重要なものとなります。

これは何かというと、バックアップに使用するものです。

これさえあれば、パスワードがなくても簡単にメタマスク内に保有している資産を奪うことができます。

保管には細心の注意を払ってください。

下にある「SAVE SEED WORDS AS FIEL」というボタンで保存することができますが、PC事態をハッキングされた場合のリスクがあるので、メモ等に残しておいた方が安全でしょう。

次に進むと、メタマスクの操作画面が出てきます。

メタマスクの追加方法に関しては以上です。

MetaMask(メタマスク)入金方法

次はメタマスクへの入金方法です。

ウォレットを既にお持ちの方は分かると思うので、ここでは初めての方用に説明します。

仮想通貨を初めて持つときは、基本的に国内の取引所で入手しますよね。

今回は代表して国内大手取引所のZaifからの送金方法をお伝えします。

まずはZaifにログインし、アカウントの項目をクリック

入出金と履歴というももがあるので、そちらの中から対象通貨と行いたい行動を選択します。

今回はMETAMASKへの送金なので、ETHを出金します。

下に行くと送金の手続きを行うためのプラットフォームがあります。

入力項目は

・送付先アドレス
・送金額(送付量)

・2段階認証コード

の3つとなっています。

今回の場合は、送付先はMETAMASKのアドレスです。

ちなみに宛先(この場合メタマスク)の確認方法ですが

メタマスクの操作画面にある「・・・」のボタンを押してください。

「Copy Address to clipboard」というものがあるのでクリックすればアドレスのコピーができます。

こちらを出金アドレスの欄に張り付ければOKです。

アドレスを少しでも間違うと送金できないため、「コピーして貼り付け」を行うようにしましょう。

後は送金額の入力と、2段階認証を設定しているのであればコードを入力し、出金ボタンをクリックするだけ。

とても簡単ですね。

以上が入金までの方法です。入金しても反映には少々時間がかかるので、すぐに来ないからと言って心配する必要はありません。

MetaMasKの送金方法

送金方法は簡単です。

まずメタマスクの操作画面の「SEND」を選択します。

次の画面で具体的な内容を入力していきます。

入力するものは

・送金先アドレス

・送金額(ETH単位)

となります。

入力が終わり次第、「NEXT」をクリックし最終確認へ行きましょう。

送金額やアドレスを確認して問題がなければ「SUBMIT」を押せば送金完了です。

送金するのにも複雑な手順はありませんね。

ちなみに確認画面において、色々な項目が出てきたので少し解説をします。

① アカウント名と残高が表示されています。

② 送金額です。

③ これはガスリミットと言って送金の処理速度と手数料に関わってきます。

④ ガス価格と言います。ガスリミットと同じで処理速度と手数料に関わります。

⑤ 設定した③④から計算された手数料です。処理速度を高めれば、費用は高くなります。

⑥ 送金額と手数料を合わせた金額です。

以上が確認画面で出てくる項目の解説となります。

ガスリミットとガス価格

最後に先ほど出てきたガスリミットとガス価格について説明します。

簡単に説明するとガスリミットとガス価格を上げると、送金の処理速度は速くなりますが、それに伴い手数料も高くなります。

もちろん送金速度が遅くてもいいから手数料を下げたいという場合は、各値を引き下げてあげていいでしょう。

しかし下げ過ぎると、送金がいつまでたっても終わらないことがあるので注意してください。

MyEtherWalletではガス価格に限度(60Gwei)がありますが、メタマスクは無制限にガス価格を上げることができます。

かなり急ぎの送金を行いたい場合はメタマスクを使うといいかもしれませんね。

日本語対応のβ版が実装!切り替え方法を解説

メタマスクが新UIとなったベータ版が実装されました。

以前よりもシンプルなものとなっているので、より分かりやすい使い勝手となっています。

更にベータ版では日本語対応にもなっているため、英語が苦手な方はベータ版を使用するといいでしょう。

ベータ版への切り替え方法ですが、メタマスク起動後「Ξ」このような3本ラインのメニューが右上あるので、そちらをクリック

表示される項目の中に「Try Beta!」と出ているので、選択することでベータ版への変更が可能です。

ベータ版と言いますが、本来のメタマスクと出来ることは変わりません。

一度使用してみて、どちらが使いやすいか試してみるといいと思います。

また旧UIに戻すときは、アカウントアイコンをクリックし設定を選択

「旧UIに切り替え」とあるので、そちらをクリックすれば元に戻すことが可能です。

旧UIをしばらく使っていると、ベータ版は少々違和感があるかもしれませんが、今後はこちらが基準になってくるはずなので早めに慣れておいた方がいいと思います。

メタマスクを使うオススメの投資法

最近ワルコインはマイニングや通貨の取引だけでなく、仮想通貨を使った新たな分野に注目しています。

それはDappsです。

聞いたことがあるのではないでしょうか。Dappsとは分散型アプリケーションのこと。

主にイーサリアムベースの通貨を使ったものとなります。内容は通貨を使ったサービス(ポイントサービス)のようなものからゲームまで。

もちろんこれらでお金を稼ぐことは可能です。

仮想通貨市場とは違い、Dapps内で使用されるアセット(ポイントやゲームアイテムなどの資産)はある程度の価格を維持するので、安定した収益を狙いやすいということがあげられます。

とくにゲームにおいては、ICOのようなプレセールが色々と開催されており、そこを狙えば比較的に安定して収益を上げることができます。

このDappsを行うために絶対必要なものがメタマスクです。

もしこのジャンルにも興味があるのであれば一度見てみるといいでしょう。

特に国内ではdAppsMarket(@dapps_market)さんがメディアとして、かなりの情報量を持っているのでチェックしておくことをおすすめします。

恐らくDappsは今後の新たな投機・投資対象として見られていくと思うので、ぜひ一度ご確認ください。

dAppsMarket:Dapps・ブロックチェーンゲーム攻略サイト

まとめ

メタマスクはクロームの拡張機能であるため、操作が非常に軽くて使いやすいです。

現在ではICOもかなり大型ものもが出てきており、募集開始から数分で枠がいっぱいに・・・ということもよく耳にします。

こういったものに参加するためには、送金速度が命です。

MEW(マイイーサウォレット)に比べ、送金処理の設定などの制限もないので、人気の高いICOなどに参加する場合はメタマスクを利用することをおすすめします。

実際に現在はMEWよりもメタマスク派という方も多いですね。

ワルコインもイーサリアムを扱うウォレットの中ではメタマスクを一番使用しています。

特にベータ版では日本語にも対応してきたため、今後国内での需要も高まることでしょう。

MEWのアカウントを持っている場合はメタマスクへインポートも簡単に出来きるので、まだ利用されていない方はメタマスクをインストールすることをおすすめします。

※事実と異なる部分などがありましたら、すぐに修正いたしますので、ご報告ください。

フォローする