ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

初めてICOに参加する方へ向けたマイイーサウォレットの使い方を解説

MEW(マイイーサウォレット)の基本的な操作方法は「【登録・入金・送金】MyEtherWalletの使い方」で覚えていただけたでしょうか。

最近では大型のICOも話題となっているので、投資を行うための使い方も覚えておきましょう。

ETHを用意

まずはICOに参加するためのETHを確保します。

MEWにいくらETHが入っているかを見る場合は、「お財布情報を見る」で確認しましょう。

するとこのような画面が出ます。

右上に

・アカウントアドレス
・アカウント残高

・トランザクション履歴

とあるので、残高を確認します。

ETH入金方法

足りていない場合は入金を行いましょう。

上記してあるアドレス宛にETHを振り込みます。

今回は分かりやすいように、国内大手取引所のZaifを利用して入金を行います。

・アドレス(MEWのもの)
・送付量

・手数料

を入力し、チェックを入れ送信してください。

アドレスは間違いのないように

初歩的ですが非常に大事です。

また急ぎの場合は既定より多めの手数料を払うことで、処理の優先度を高めることができます。

着金が完了しました。

もし時間が経っても着金が確認できないのであれば、トランザクション履歴の確認を行いましょう。

トランザクション履歴の確認

トランザクションの確認を行う場合は、トランザクションハッシュ(TX)が必要となります。

基本的には送金履歴(今回の場合はZaif)に表示されているので、確認を行ってください。

トランザクション履歴の確認はEtherscanで行えます。

検索窓にトランザクションハッシュを入力することで、現在送金中のETHがどのような状態にあるか確認ができます。

TxReceipt Status:Success

となっていれば送金はOKです。

またPending=保留中

Fall=失敗となります。

失敗となっても心配いりません。

もし失敗した場合は、送金時の手数料を上げてみてください。

手数料が足りずに失敗するケースがあるので、この改善策を試しましょう。

ICOに投資

ではいよいよICOへの投資方法についてです。

まずは投資を行いたいICO案件のページに行きましょう。

案件によって手順が若干異なることがありますが、大枠としては大体同じなので安心してください。

もし正確な情報を知りたいのであれば「how to join ico名」などで検索すると出てくるでしょう。

英語で紹介している動画などが多いので、その場合は歯車のアイコンから日本語の字幕を出すことも可能です。

手順:

アイコン > 字幕 > 英語(自動生成) > 自動翻訳(日本語)

これで英語が苦手でも大丈夫ですね。

ICOプラットフォームでの手続き

・名前(ニックネーム)
・メールアドレス
・パスワード

・ETHアドレス

などの入力を、それぞれのプラットフォームの指示に沿って行います。

今回は情報を入力後、自分のアドレスの登録欄が出てきました。

こちらをクリックで進んでみましょう。

こちらの枠にMEWのアドレスを入力します。

入力に間違いがないかを確認して「SAVE」を押しましょう。

もう少しでICOへの投資は完了です。

最後に指定されたアドレスが出てくるので、そちらにETHを送金します。

たまにガスやガスリミット(手数料)の指定などがあるので、注意事項にも目を通しておきましょう。

万が一指定に沿わなかった場合は、送付したETHが返却され購入が完了していないこととなります。

2度手間になるので、しっかり注意事項は確認しましょう。

ETH送金方法

送金の方法は

・送付先アドレス(ICO指定)
・トークンの購入料金

・ガスリミット

を入力し、送金を行ってくいださい。

ガスリミットに関してはデフォルトで入力されるのですが、指定より足りない場合は手動で変更してあげましょう。

MyEtherWalletでトークン受取り確認

ETHを送付後、トークンが受け取れているかの確認を行いましょう。

トークンの付与には時間がかかる場合があるので、事前に公式ページなどで確認することをおすすめします。

では確認方法です。

MEWのお財布情報を開き、右側にあるトークン残高を見てください。

カスタムトークンを追加」をクリック

・トークン契約アドレス
・トークンシンボル

・ケタ数

があるので、入力し保存します。

これらの確認方法に関しては次で説明します。

カスタムトークンの項目確認

カスタムトークンの追加に必要な情報は

Ethplorerで確認することができます。

今回は配布まで時間がかかるようなので、別のトークンで説明します。

まずは該当するトークンのシンボルを入力

※シンボル以外でも検索可能です

該当する名前出てくるので、クリックします。

このように詳細情報が記載されたページに飛びます。

Contract=契約アドレス
Symbol=シンボル

Decimals=ケタ数

となるので、こちらの情報をMEWに入力しましょう。

これでカスタムトークンが追加されます。

稀にエラーなどが起こる場合は、カスタムトークン追加の横にある「Only Show Balances」を確認してみてください。

既に追加されている場合もあります。

支払い詐欺に遭わないためにも、受取り確認は確実に行いましょう。

まとめ

今回はICOに参加する際のMEWの使い方について解説を行いました。

と言ってもMEWで行うことは

・ETHの準備
・ICOアドレスに送金

・トークン受け取りの確認

の3点くらいですね。

難しいことは一切ありません。

操作するうちにすぐ理解できると思います。

最近では悪徳なICOも淘汰されていく流れとなり、大手が次々とICOに参加を表明しています。

今まで以上に手堅い案件も増えてくることが予想されるので、ICO参加におけるMEWの使用方法は確実に抑えておきたいところ。

有力なICO情報に関しても見つけ次第UPしていく予定です。

皆さん今後のワルコインにも注目しておいて下さいね!

フォローする