ワルコイン

仮想通貨の開拓レポート ICO分析・詐欺調査・お金の検証

Wavesウォレットとは?読めば大体わかる基本情報と今後のまとめ

今回はニルスさんの「ニルスの暗号通貨日記」を参考にまとめさせていただきました。

最近よく目にするワードの一つ「Waves」

Twitterでも話題に上がっていたのでご存知の方も多いはずです。

今回はワルコインから見たWavesの情報をまとめていきます。

「Waves」とは?

Wavesとは、独自のブロックチェーン上に展開している分散型の金融プラットフォームです。

主なサービス内容はウォレットです。「資産の管理、取引、更には独自トークンの発行」が行えるようになっています。

以下より、Wavesの特筆すべき内容を中心に解説していきます。

DEX機能を搭載したウォレット

WavesはDEX機能を搭載しています。

まずはDEXについて紹介していきましょう。

DEXって?

DEX=Decentralized Exchange(分散型取引所)とは、ユーザー間同士で直接仮想通貨のやり取りができるブロックチェーン上に構成された取引所のことです。

取引所とはいっても管理者がいないため、手数料も非常に安く、板操作を受けることもありません。

またブロックチェーン上の取引なので、改ざんが事実上不可能であり、運営元にハッキングが行われるという心配もなくなります。

法定通貨が取り扱える

Wavesはマルチゲートを採用しており、法定通貨(現在USD、EURのみ)にも対応しています。

厳密に言えば「BTC⇒Waves⇒wUSD」というようにUSDと同等の価値を認めるカスタムトークンを付与することによって、法定通貨も暗号化して取引が行えるという訳です。

これまで、ほとんど対応していなかったアルトコインとUSDなども交換が可能になったため非常に画期的と言えますね。

いずれはJPYにも対応となると、より一層需要が高まる気がします。

Wavesの特徴的なサービスはこれだけではありません。

では次にWavesの肝となるウォレットの機能について見ていきましょう。

ウォレットの全容

簡単な説明から行います。

Wavesはクロームの拡張機能であり、操作が非常に軽いという印象でした。

アプリの対応もしており、手軽にあらゆる通貨のやり取りを行うことができます。

まだ未実装の機能も中にはありますが、今後このような機能が充実してくればより多くのユーザーがWavesのウォレットを使用することとなるでしょう。

では機能について解説します。

Wallet

トランザクション履歴と現在保有している主要通貨を見ることができます。

また送金や入金、出金もここから行います。

Portfolio

作成したトークン(詳細は後に)の保管場所です。

トークンの名前や製作者のアドレスが確認でき、送金も行うことができます。

Waves Decentralized Exchange

先ほども説明したDEXです。

良く扱われるペアは右に表示してあるのでクリックして使います。

表示されていないものに関しては、上部の検索窓より探すことができます。

Leasing

こちらはWavesを貸し出す機能です。

実際に1週間以上WAVESトークン残高に応じた力を貸し出すことで、見合った報酬を得ることができます。

報酬は貸し出す量だけではなく、リース先によっても異なる模様。

またLeasing以外にも報酬を得る方法もありますが、こちらは10,000WAVES以上を保有していないと実行できないそうです。

HISTORY

全てのトランザクション履歴を見ることが可能です。

Date:トランザクションが記録された時刻
Type:送信か受信
Name:通貨名
Sender:送り主アドレス
Recipient:受信アドレス
Fee:手数料

Units:通貨の量

となっており、どのような取引が行われたのか一目で確認できます。

TOKEN CREATION

そしてやってきました。

Wavesが今盛り上がってる理由

これが自分でトークンを発行できるという画期的なシステムの「TOKEN CREATION」です。

・名前
・説明
・総発行量
・トークンの分裂可能な設定(5に設定した場合は、0.00001単位まで)

・追加発行できるかどうかの設定(チェックした場合は追加可能)

これらの情報を入力するだけで、独自トークンの作成が可能に。

手数料も一回作るのにたった1Waves(現在で300~400円)、その後の維持費などもかかりません。

しかもこの作成したトークンは、すぐさまDEXで取引が可能となります。

ICOを考えている方にはもってこいのシステムですね。

手数料もあまりかからないんで、記念に作るのもありかと。

Wavesがなくなったら発行したトークンは?

ふとした疑問が浮かびました。

「万が一、Wavesがなくなってしまったら発行したトークンは無価値になってしまうのか」

実際にWavesのサポートセンターに問い合わせてみたところ、以下のような返答をもらいました。

“WAVESに基づいたトークンは、ブロックチェーン上で管理されています。分散型のネットワークがある限り、トークンを保有している人々は資産のやり取りが行えるでしょう。”

ブロックチェーンがあり続ける限り大丈夫と言うことです。

ICOを行なう際も安心してWavesを使用することができますね。

実際にすでに様々な企業がWavesのプラットフォームを使用し、ICOを実施しています。中でもe-sportsに使用されているトークンを発行している「MobileGo」や大手ハンバーガーチェーンの「バーガーキング」は有名です。

今後Wavesで実装予定の機能

Wavesが今後実装を予定している機能を紹介します。

・スマートコントラクト

スマートコントラクトを実装することによって、取引をより円滑に進めることが可能になります。もちろんICOを行う際も非常に便利です。

・ICOの法的基準に沿ったプラットフォームの展開

ICOへの規制に対応することで、安全なプラットフォームであるという認識を広げていくことが狙いだと思います。

もしこの機能が実装することができれば、投資家たちからの信頼、またICOを検討する企業からの需要、更には規制当局からの支持を一気に集めることができるでしょう。

そうなればICO市場をWavesが独占する可能性も出てきますね。

・スケーリングとセキュリティの向上

Wavesは「Bitcoin-NG」プロトコルの実装を発表しています。

処理速度の向上、マイナーへの報酬の公平性、フォーク等のリスクやセキュリティ面の強化が図れるということです。

それ以外にもメッセージ機能や、匿名取引機能などトークンのためのプラットフォーム作りに徹していることが伺えます。

今後の展望

Wavesの今後の展望を理解する上で、9月半ばに行われたAlexandra(WavesCEO)のQ&Aセッションの一部をご紹介します。

Wavesを取り扱う取引所について

Wavesのプラットフォームを扱うためには、基軸通貨である「WAVES」を所有しておかなければなりません。しかし現在WAVESの入手方法というのは限られています。

今後は大手取引所との連携を視野に、WAVESの流通を促していくことが感じられました。

実際に10月の頭には「Yobit」でWAVESが基軸通貨として扱われることが発表されています。

各所パートナーシップについて

今後実装予定であるICOの規制に沿ったプラットフォームを展開するということで、Wavesはデロイトとの法的枠組みを構築するための戦略的パートナーとなったことを発表しています。

CEOのAlexandra氏も、このことは非常に喜ばしいことだと語っていました。

またデロイト以外にもWavesは政府や証券取引所など強力なパートナーシップを結んでいることを発表しており、今後の展開がより幅広くなってくるということが伺えます。

広告展開について

広告代理店やメールマーケティング、SEOなどいくつかの広告展開を考えているということを明言しています。

また上記以外にもバウンティプログラムにも力を入れ、広告の展開を行っていく模様です。

新規顧客の取り込みについて

事業拡大には不可欠な、新規層も取り込めるように準備を整えているようです。

よくある質問やビデオ講習はもちろん、セミナーの開催等も積極的に行っていく方針を示しています。

デビットカードやNFCチップとも連動?

WAVESを使用した決済に関する質問に対して、Alexandra氏は

「これに関しては、とても大きな計画があります。今は話せませんが、今後の最新情報を楽しみにしていてください」

と、決済に関しても、何かしら計画していることを匂わせていました。

トークンプラットフォームを軸としたWavesの狙いは

Wavesのプラットフォームを利用したICO市場の活性化は、第一の狙いと言えるでしょう。

Wavesを利用したICOが話題となれば、プラットフォームの利用者も多くなります。

そうなるとWAVESトークンの流通は今以上に大きくなっていくことでしょう。

つまりは収益も上がり、トークンの価値も上昇していくということです。

また今後の展開についても、WAVESを利用した決済方法や新規事業の計画など多くの展開を視野に入れているようでしたので、何かしらの関連性を持たせてくることでしょう。

現在展開しているプラットフォームを軸に、2の矢、3の矢を投じていくことでWavesというブランドを確固たるものにしてしていこうということが伺えました。

ある意味、一部の市場をごっそり持っていく可能性は十分に秘めていますね。

今後のスケジュールに関しても、日本を含めた世界各国で、セミナーやミーティングを予定しているようなので、また新たな展開が浮上することも十分に考えられます。

今以上にWavesの作り出す市場の波が大きくなって行くことが期待できますね。

フォローする